教員・研究立教大学 スポーツウエルネス学部/大学院スポーツウエルネス学研究科

専門研究例

現代社会が抱えるさまざまな課題を抽出し、豊かな人間性を基盤とし、高度なウエルネス社会の構築に寄与するスポーツウエルネス学。3つの専門領域を柱とし、どのような学びや研究が進められているかをご紹介します。

教員紹介

イシイ ヒデユキ

石井 秀幸

准教授

バイオメカニクス

学生へのメッセージ:
身体動作の仕組みやスポーツ製品の効果について研究します。

バイオメカニクス(生体力学)、スポーツ工学を専門分野とし、「スポーツパフォーマンス向上」「外傷・障害予防」「健康維持・増進」などに関わる身体動作の仕組みについて力学的・工学的手法を用いて研究しています。また研究においては、スポーツと医学と工学のコラボレーションを心掛けています。
最近は、有限要素解析によるコンピュータシミュレーションを用いた接地中の足部内挙動に関する研究、ボールと指先の接触解析をはじめとした手部に関する研究に取り組んでいます。研究に用いる機器・ソフトウェア・手法に関するキーワードは、モーションキャプチャシステム、ハイスピードカメラ、有限要素解析、医用画像、3次元形状抽出、筋骨格モデル、MATLAB、Mathematicaなどです。
3年次専門演習や4年次卒業研究での学生の研究テーマについては、各学生の興味・関心を尊重して学生自身で考えてもらいます。よい意味での素人の発想を大切にしつつも、計測や分析を実行するために専門性の高い知識・技術を必要とする研究とすることを心掛けています。

イシワタ タカユキ

石渡 貴之

教授

環境生理学

学生へのメッセージ:
身体の生理機能を理解して、健康に過ごす方法を考えましょう。

環境生理学や生物行動科学を専門分野として、体温調節における脳内神経伝達物質の役割や私達を取り巻く生活環境の変化や生活習慣の乱れから生じる生体の様々な問題について、実験動物を用いて解決策を考えています。研究室では、ラットの生理指標を連続測定できるテレメトリー法や近年開発された体温・運動量計測装置、脳内の様々な領域のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンを同時に測定できるホモジネート法、鬱や不安、社交性などの度合いを計測できる複数の情動行動テストを組合せ、様々な環境ストレスに対する生理指標、脳内神経伝達物質、情動行動の関連に着目しています。
ゼミでは、上述の動物実験関連のアプローチだけでなく、ヒト研究においては、各種パフォーマンス向上に対する生理・生化学的アプローチ(体温、心拍数、血圧、脳波、自律神経、唾液中ストレス物質の計測)や認知行動学的アプローチ(認知機能テスト、生活活動アンケートの実施)も行っています。

カトウ ハルヤス

加藤 晴康

教授

スポーツ医学

学生へのメッセージ:
医学を学んでスポーツのケガの予防や健康を一緒に研究しましょう。

カワバタ マサト

川端 雅人

教授

スポーツ・運動心理学

学生へのメッセージ:
すべての人がスポーツや運動を楽しみ、健康で歓びと幸せに満ちた充実した人生を送るにはどうすれば良いだろう?その方法や過程について心理学的に実践・研究しよう。

すべての人がスポーツや運動を楽しみ、健康で歓びと幸せに満ちた充実した人生を送るにはどうすれば良いだろう?各自が重要な場面で挑戦を楽しみ、自分の能力を最大限に発揮し最適に機能するためにはどうすれば良いのだろうか?またこれらの問いに対し、スポーツや運動の現場に関わる者(教師、コーチ、インストラクター等)は対象者のために何ができるのだろうか?このような問いに心理学の観点から取り組み、子供から、競技者、高齢者などすべての人々を対象にして研究を行っています。
 ゼミナールでは、学生は興味のある研究活動に主体的に取り組みながら、仮説検証のために必要な知識・技能を習得します。議論や発表は基本的に英語で行い、学士号取得者として国際的に通用する力を身に着けます。「継続は力なり。」今は自信がなくとも全く大丈夫!心理学に関わる話題に興味があり、立教大学在学中に大きく成長したいと思っているあなたの参加を待っています。

カワハラ フサコ

川原 布紗子

助教

測定評価

学生へのメッセージ:
目標達成に向けた道のりを、共に考え、実践していきましょう!

高い成果を獲得しているコーチやアスリートは、それぞれの種目におけるスポーツパフォーマンス構造に基づき、問題解決型の思考と行動によって、目標とするスポーツパフォーマンスを目指してトレーニングを実践しています。その実践過程における課題を研究課題とし、トレーニングやコーチングを実践する上で役立つ知見の提供を目指して、コーチ活動を行いながら研究に取り組んでいます。
私の専門はサッカーですが、ゼミでは、学生が研究課題を自ら設定し、それぞれの課題に合った研究手法を用いた研究活動と課題解決に取り組みます。そのために、それぞれの専門種目におけるスポーツパフォーマンス構造やパフォーマンスの測定法、トレーニング手段などを理論と実践を併用して習得していきます。

キジ マサヒコ

奇二 正彦

准教授

環境教育

学生へのメッセージ:
自然体験が、人の健康や環境問題の解決にどうつながるのか、一緒に研究しましょう。

テーマ1:
現代人は、都市において安全で合理的な生活を送っている反面、様々なストレスに苛まれています。本ゼミでは、そうした社会病理の解決方法の1つとして、自然体験に注目し、自然体験と健康に関する様々な文献調査を行います。また、自然体験と気分やストレスに関する生理学的・心理学的な実験、AIを活用した生きもの調査アプリを使って新座キャンパスや周辺地域の生物多様性調査を行います。
テーマ2:
現代社会は深刻な環境問題を抱えています。この問題を解決するためには、問題の本質を明らかにし、その問題が解決された未来を想像し、そこに向かって行動する必要があります。そこで、本ゼミでは書籍や論文、映画などを通して、近現代代社会と環境問題との関係について理解を深め、社会の持続可能性に取り組む様々な活動に注目します。また、直接体験として、江東区でビオトープを保全している市民団体の活動に参加します。

クロサワ サヤカ

黒澤 彩

助教

ウエルネススポーツ

学生へのメッセージ:
人々の健康に貢献する方法を一緒に考えていきましょう。

近年では、技術革新に伴う労働環境や生活環境の変化によって、人々の日常生活における運動不足や座りすぎの問題が深刻化しています。運動不足と座りすぎは、それぞれ、糖尿病や一部のがんなどの危険因子です。そのため、人々の健康づくりのためには、運動の促進と座りすぎの是正が重要です。私は「ウエルネススポーツ」を専門として、成人における生活習慣を改善するための支援策について、行動疫学的アプローチを研究しています。特に日常生活における運動の習慣化と座りすぎ是正につながる決定要因の解明や、生活習慣病の予防に有効な運動プログラムとその普及方策についての研究を行っています。ゼミでは、自分を含めた、「より多くの人々がより健康で生き生きとした生活を送ることができる」ことに貢献するために、行動疫学の基礎知識を身につけ、アプローチの方法についてのディスカッションや検討を行います。

ゴセキ シンジ

後関 慎司

准教授

リスクマネジメント

学生へのメッセージ:
人から助けを求められた時、安心感を与えられる知識・技術そして人間力を考えましょう。

スポーツ選手のパフォーマンス向上を目指し、「運動」「栄養」「休養」の3つの要素を重視しています。アスレティックトレーナーとしての役割は、単に外傷・障害への対応にとどまらず、健康増進やリスク管理の観点からも多面的なアプローチが求められます。このゼミでは、エビデンスに基づいた実践技術の開発に加え、ヒューマニティ・リスペクトの価値を重んじ、学生にとっても理解しやすい形で研究内容を展開しています。スポーツ科学の進歩と共に、アスレティックトレーナーの役割は拡大しており、当ゼミではその最前線での活動を目指しています。

コバヤシ テツオ

小林 哲郎

准教授

データサイエンス

学生へのメッセージ:
スポーツにおけるデータの可能性を探求しましょう。

近年、AIとデータの活用が社会全体に大きな波紋を広げています。その波はスポーツ界にも押し寄せ、データサイエンスのスポーツへの応用が注目されるようになりました。その理由として、データ収集技術、データ解析技術、そしてデータ解析基盤の著しい発展が挙げられます。
スポーツの分野ではパフォーマンスデータやコンディショニングデータなど、解析の材料となる豊富なデータが存在します。これらのデータを適切に解析し活用することで、選手のパフォーマンス向上やケガの予防、健康管理の最適化などが可能となります。
スポーツで収集できる各種データの解析技術の開発を進めています。そのデータ解析結果をもとに、スポーツ選手が最大限のパフォーマンスを引き出せるような指導、つまりデータドリブンな指導の実現に向けて研究を進めています。
今、データとスポーツが結びつく新しい世界が広がっています。一緒にこの新たな領域を探求しませんか?

サノ ノブコ

佐野 信子

教授

スポーツジェンダー学

学生へのメッセージ:
一人ひとりの個性にあった運動・スポーツ環境を考えましょう。

体育やスポーツにおいての「ジェンダー平等」推進に寄与できるような研究を進めています。不平等は一部の「女性」だけが被っているのではありません。「男性」や「その他のジェンダー」に属する人々の中でも、体育・スポーツの場で「自分らしく」いることに困難を抱えていることや、不平等に扱われていることが、日本においても、やっと社会的に認知されたようになったと感じています。
ゼミでは、国内外の論文や図書を一緒に読み進めることで、ジェンダーの視点からみた体育・スポーツの「課題」を明らかにします。ゼミ生ひとり一人が、山積している「課題」の解消を目指し、それぞれが独自の考えをもちながら研究しています。体育・スポーツ分野でのジェンダーの研究はまだまだ若い学問ですので、例えば、新しい概念に向き合った時など、スリリングな経験をすることもできます。一人でも多くの皆様に興味や関心を持っていただけると幸いです。

スギウラ カツミ

杉浦 克己

教授・学科長

スポーツ栄養学

学生へのメッセージ:
Eat to Live, Eat to Win, Eat to Succeed.

35年間にわたるアスリートの栄養指導経験をもとにして、大学生をはじめとするあらゆる世代の人々の生活および栄養摂取状況を調査して食生活上の課題を明らかにし、その課題を効率よく改善できる栄養支援法について行動科学的に研究しています。
また、アスリートのパフォーマンスを高めるような食品をはじめとして、子どもの発育・発達の助けになる食品、メタボリックシンドロームの予防やダイエットに役立つ食品、高齢者の体力つくりを促し嚥下の容易な食品等、課題解決型の食品を運動生理学的・食品科学的に研究しています。
ゼミでは、上述の研究だけでなく、広く栄養に関して学生の皆さんが興味を持っているテーマを追求してもらい、それを研究としてまとめ上げ、アウトプットできるように指導しています。

タケガミ アヤカ

竹上 綾香

助教

アスレティックトレーニング

学生へのメッセージ:
安全にスポーツを楽しむためのコンディショニングについて、一緒に探求・実践しましょう。

スポーツを楽しむ上で、大きな障壁となるのがスポーツ外傷・障害(ケガ)です。私の専門分野である「アスレティックトレーニング」とは、スポーツのケガを予防するためのトレーニングやケガを負ってからスポーツに復帰するためのトレーニングを示します。では、ケガを予防するためにはどのようなデータを収集・観察し、対策を行えばよいのでしょうか。アスリートの身体的特性、コンディション、トレーニング量・強度などのデータから、ケガの予兆を把握することができれば事前に対策ができる可能性があります。
ゼミでは、上記のようなことに限らず、皆さんが実際にスポーツをする中で直面している問題や疑問を一緒に考えていき、ご自身のスポーツ活動に活かせるような研究ができるようサポートしていきます。

タチカワ ヒロユキ

舘川 宏之

教授

分子細胞生物学

学生へのメッセージ:
遺伝子や細胞のレベルからスポーツや健康の研究を一緒にしてみませんか?

ヒトは約37兆個の細胞からなり、それぞれが協働することで身体を動かしたり、健康を維持したりする機能を果たしています。われわれのゼミでは、広い意味でのヒトの生命現象といえるスポーツ・健康を、遺伝子・細胞のレベルから捉えて学びます。研究においては、まずは遺伝子・細胞を用いた基礎的な実験系を身につけていただき、その上で、スポーツ・健康と関係する課題に取り組んでいただく予定です。
また、細胞のモデルとして酵母を用いた研究も同時に行なっています。1つの細胞からなる酵母の遺伝子には、ヒトの遺伝子とよく似たものが数多く存在します。一例として、筋肉の膜修復機構に関わる遺伝子と類似した酵母の遺伝子があるので、その研究にも取り組んでいます。

ドヒ ミチコ

土肥 美智子

特任教授

ウエルネス医学

学生へのメッセージ:
心身ともに健康であるために医学ができることを一緒に考えていきましょう

ウエルネス医学が専門です。特にスポーツと関わる医学を長年行ってきました。例えばスポーツチームにおける疾病の予防、コンディショニング(睡眠改善、クライオセラピー)、海外渡航時の感染症対策、時差対策、環境への対応などです。またスポーツイベントの主催者側の医務担当として、救急医学、マスギャザリングでの対策なども担当しています。これらの経験を元に、大学では予防医学や旅行医学という形で学生皆さんの日常にも役立つ授業をしています。

ナカムラ アキヒロ

中村 聡宏

准教授

スポーツマンシップ教育・スポーツビジネス

学生へのメッセージ:
スポーツの価値を言語化し実践できるように学びを深めていきましょう。

スポーツウエルネス学部では、「すべての人の生きる歓びのために」を教育テーマとして掲げ、スポーツを基盤とした人間の生きかたにスポットを当てた学びをめざしています。私は、スポーツの最も本質的な価値のひとつ「スポーツマンシップ」に着目し、ビジネスシーンにおける「ビジネスパーソンシップ」、人生における「ヒューマンシップ」とも置き換えながら、その意義や価値、よきコーチング・共育的指導のありかた、普及・推進の方法論などについて研究しています。また、「スポーツ産業」や「スポーツビジネス」における多様な視点に基づき、より豊かな発展を遂げるための理論形成と実践方法についても研究しています。
ゼミでは、「スポーツを仕事にする」ことを意識しながら、「スポーツマンシップ」や「スポーツ産業・スポーツビジネス」などの領域を中心に、みなさんの興味関心に基づいた課題に対して、外部企業などとも連携しながら、ともに考え、ともに実践し、ともに学んでまいります。

ヌマザワ ヒデオ

沼澤 秀雄

教授・学部長

トレーニング科学

学生へのメッセージ:
アスリートのコーチングに重要なことを考えよう。

研究・教育活動はスポーツ科学、コーチング学、レジャー・レクリエーション学を専門として競技力向上のためのトレーニング方法と指導方法についての研究を行っている。また、子供達の健全な発育と運動能力の向上のための運動プログラム、中高齢者の健康維持向上のための運動プログラムの開発を試みている。
具体的には、専門演習の授業でトレーニングツールを実際に使用して効果を確かめたり、効果的なトレーニング方法を考えて発表している。
一方で、コーチングに関わる内容については、日本陸上競技連盟や日本サッカー協会の資格講習会の制度について説明したりしながら、日本におけるこれからのスポーツ指導者の在り方について考えていく。

ハットリ アツヒコ

服部 淳彦

特任教授

抗加齢医学

学生へのメッセージ:
過去・現在を見つめ直して、未来の自分に向けて「今、何をなすべきか」良く考えてみよう!

高齢者や一般の方だけでなく、スポーツ選手にとっても質の高い睡眠をとることは重要な課題である。その睡眠と関連が深いメラトニンというホルモンを中心に研究を行っている。これまで、どのようにすれば夜間のメラトニンが上昇し、睡眠促進効果が得られるかを調べてきた。また、メラトニンは骨を丈夫にし、記憶力向上にも寄与することを明らかにし、米国・国内特許や海外の一流学術雑誌に発表してきた。専門演習や卒論では、尿や唾液を中心にメラトニンをはじめ生体内の微量な物質を測定することにより、生活習慣の改善やスポーツのパフォーマンス向上につながるテーマについて実験を行う。

マツオ テツヤ

松尾 哲矢

教授

スポーツ社会学

学生へのメッセージ:
すべての人がその人らしく楽しめる成熟社会のスポーツの考究を。

スポーツは文化であると同時に社会的な現象です。例えば、ドーピングは、選手だけではなく、コーチ、監督、チームや組織、国家体制など社会関係や社会構造が複雑に絡んで引き起こされています。
スポーツを取り巻く様々な問題に対して、社会現象としてのスポーツが営まれ、発展し、変化するメカニズムを分析し、理解することを目的としたスポーツ社会学の観点から、主に戦後日本のスポーツの構造変動と文化変容について研究し、そのうえで、今後のスポーツ・プロモーション(推進)のあり方と方法について研究しています。
ゼミでは、グループ研究、個人研究を通して、具体的なスポーツ課題(部活動の地域移行、障がい者スポーツなど)について社会学的に分析し、その結果を踏まえて、今後のスポーツ・プロモーションのあり方と方法について考究します。

マツダ ケイジ

松田 恵示

特任教授

スポーツ文化と教育

学生へのメッセージ:
スポーツを遊びの観点から考える面白さを一緒に楽しみたいと思います。

ゼミでは、スポーツを教育と文化の側面から研究したり、現場に行って調査したりします。体育の先生になったり、子どもたちだけでなく大人やシニアの人にスポーツを教えたりするとき、何を大切にしてどのように教えればいいのか、また、スポーツから人間が学ぶことはどのくらい広がりのあることなのかなどについて考えるのが教育の問題です。一方で、人工知能とスポーツがこれからどのように社会を変えていくのか、アニメ、映画、SNSなどで描かれるスポーツは私たちのどんな意識を現しているのかなど、生活の中にあるスポーツを分析し今とこれからの社会の姿を知ろうとするのが文化の問題です。教育と文化の問題をつなぐのは、「遊び」と「未来」という言葉。研究やゼミ活動が持つ「面白さ」を思いきり味わい合うことを目指します。

McGrath Kelly Francis

マックグラス・ケリー・フランシス

助教

グローバルスポーツ

学生へのメッセージ:
Guiding your active mindful habits to build a life of success.

Our lifestyle habits today are key determinants of our future success in physical, mental and social wellness.
However, as global citizens, we face the ongoing changes and challenges of a post-pandemic and aging society. Lifestyle habits that worked for us yesterday may not be the most effective strategies for us tomorrow. This means researching and developing a tool box of strategies for wellness promotion through lifestyle habits including, physical activity, social connections, mindfulness, and meditative practices.
The focus for research and seminars in this field begins with the process for understanding existing lifestyle behaviors of an individual, group or team, then identify their needs or wants in response to environmental conditions, and finally, initiate and reflect on behavioral change or set of changes to promote greater life success in oneself or others.
How can you be a leader of positive lifestyle change in yourself and in the lives of others?

マルヤマ ユウスケ

丸山 雄介

助教

生命科学

学生へのメッセージ:
健康やスポーツの基礎となる生命の仕組みを学びましょう。

主としてアンチエイジングに関する研究を行っています。老化やそれに伴う疾患は、体内に終末糖化産物(AGEs)という物質が蓄積することで引き起こされます。AGEsは、人体の構造や機能を担うタンパク質が糖と化学的に反応することで形成され、これにより元のタンパク質の性質が失われていきます。例えば、肌の黄ぐすみやしわの形成などの見た目の老化だけでなく、骨の脆弱化や認知症の発症にもAGEsが関与していることが分かっています。これまで、このAGEsを抑制する物質としてメラトニンというホルモンに着目し、抗加齢医学を中心とした研究を行っています。
専門演習や卒業研究では、AGEs形成を阻害する成分の探索や、キンギョの鱗を骨のモデルとして用いた骨の脆弱化の実験を行います。

ムラモト ソウタロウ

村本 宗太郎

助教

スポーツ倫理学

学生へのメッセージ:
プレー内外での自分の行動基準について一緒に問い直してみましょう。

私は、プレーヤーだけでなく、指導者、ファン、ボランティア等のスポーツに関わるすべての人が安心、安全にスポーツを楽しむことのできるスポーツ環境(セーフ・スポーツ)を目指すために、スポーツ界の諸問題に対して倫理学的・法学的な視点から研究を進めています。
具体的には、部活動での暴力・暴言問題をはじめとしたBAHD(Bullying:いじめ、Abuse:虐待、Harassment:ハラスメント、Discrimination:差別)問題、地域移行が進む学校部活動の今後の考察、スポーツ団体のガバナンス、スポーツにおけるインテグリティの問題等を研究対象としています。
また、スポーツの語源である「遊戯性」に注目し、ニュースポーツ、eスポーツ、ボードゲームといった対象にも注目し、皆が楽しむことのできるスポーツのあり方についても研究しています。
スポーツ基本法の施行後、「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利」となりました。これからの望ましいスポーツとスポーツ環境のあり方についてゼミで共に学び考えてみましょう。

ヤスマツ ミキノブ

安松 幹展

教授

スポーツ方法学

学生へのメッセージ:
スポーツは科学ではありませんが、科学はパフォーマンスの向上に貢献できます。

スポーツ選手、特にサッカー選手に対するハイパフォーマンスを発揮するための環境対策やコンディショニングおよびトレーニング方法を研究しています。具体的には、暑熱環境下でのパフォーマンス低下を防ぐための適切な水分補給方法や身体冷却方法や、近年のサッカーの高強度化に対応するためのGPSデバイスを活用した適切なトレーニング負荷量の検討を行っています。そのためには、研究対象となるスポーツ種目でのパフォーマンス分析がベースとなりますので、3年生から行うゼミでは、スポーツ科学的手法がスポーツパフォーマンスの向上を目指す国内外の現場で、どのように応用されているかを研究論文などのレビューから理解した上で、実際にハイパフォーマンスを目指した分析・研究・調査を自ら立案、実践し、得られた知見を本学体育会やサークル活動に活用しています。卒業後にプロスポーツチームのコーチやスタッフとして活動を続けている卒業生もいます。

ヨシダ ナルト

吉田 成仁

特任准教授

コンディショニング

学生へのメッセージ:
全ての人たちのウエルネス向上のために、効果的な心身コンディショニングの方法を考えていきましょう。

「スポーツ現場で起こるリアルな問題を研究する」ことが研究・ゼミの内容になります。アスリートのパフォーマンス向上、スポーツ外傷・障害に対する予防・治療、心身のコンディショニング(エクササイズ指導、物理療法・鍼灸手技療法、認知行動療法)に関わる内容について、アスレティックトレーナー・鍼灸師・公認心理師としてスポーツ現場で活動してきた経験を生かして指導を行います。
学生さん自身にも、基本的には、ご自身が希望する研究テーマについて調べて、発表してもらいます。何を検討して、どのようにスポーツ現場にフィードバックするのか、ただ実験や調査をするだけではなく、皆さんの研究がスポーツ現場へどのように還元できるのかをイメージした研究を一緒に進めていきましょう。

LEITNER, Katrin Jumiko

ライトナー・カトリン・ユミコ

准教授

スポーツマネジメント

学生へのメッセージ:
日本と海外のスポーツマネジメントについて一緒に考えましょう。

日本のスポーツは主に運動部活動や実業団において学校や大学、または、企業が主体となって行われているのに対して、ヨーロッパ諸国では、地域スポーツクラブがスポーツ制度の基盤となっています。このようにスポーツ環境や制度が異なると、人々のスポーツへの関わり方も多様であり、スポーツ愛好者のスポーツライフもアスリートの競技キャリアも変わります。
しかし、どちらが良い、悪いではなく、それぞれメリットもあり、課題もあります。すべての人がそれぞれ好きなように運動やスポーツができる環境の構築を目指して、国際比較からスポーツを支える仕組みとその可能性について研究をしています。
ゼミでは、学生が海外と比較する視点から日本のスポーツとそのマネジメントの現状と課題を考究し、日本社会にとってより充実したスポーツ環境の構築に向かう方法を探り続けることを目的とした研究指導を行っています。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。